平成27年分の路線価等について

 FullSizeRender (800x800)

 

 平成27年分の相続税及び贈与税の土地等の評価額の基準となる路線価及び評価倍率等を記載した路線価図等が、7月1日に国税庁からインターネットで公開されました。具体的には、国税庁ホームページをご覧ください。
 
 平成27年分都道府県庁所在都市の最高路線価が発表されました。

 全国一の最高路線価は、東京都中央区銀座5丁目銀座中央通りで、1㎡26,960千円と前年より14.2%上昇しました。この額は、過去最高を記録した平成4年分の36,500千円の73.8%に当たります。


 これを全国的に見ますと、5%以上上昇したのは、さいたま(7.1%)、東京(14.2%)、横浜(7.1%)、金沢(9.3%)、名古屋(11.5%)、京都(5.3%)、大阪(10.1%)、岡山(9.6%)、広島(10.2%)及び福岡(5.3%)の10都市です。
 そのほかにも、下落から上昇に転じた都市もみられますが、一方、水戸市の5.8%を最大下落率として10都市では連年下落しています。

 

ちなみに兵庫県の神戸市中央区三宮町1丁目/三宮センター街は、2,390千円の0.4%下落です。